年金受取予定額が少ないので、節約生活力の向上が課題です

節約

60歳定年まで残り10年と数か月になりました。

年金の未納や免除期間が長く、会社員期間が短い自分の場合、将来受け取れる年金額はかなり少ないと思ってます。

老後資金も去年くらいからあわてて貯め始めたため、一時世間を騒がせた老後資金2000万円なんて到底無理w

現実的な老後対策として、今から間に合いそうなのは生活コストを下げる習慣をつけることだと思ってます。

若い時は何も考えずに買い物していましたが、3年くらい前、一人暮らしをしていた時に1か月食費1万円生活を5か月ほど続けた時期がありまして、それをきっかけにチラシ商品や使い勝手の良い食材を選んで買い物をして自炊すれば、かなりの食費を減らせることに気づかされました。

↓は当時書いていたブログです。

一人暮らし痛風オッサンの食費節約生活
痛風持ち1人暮らしオッサンの節約生活を記録。痛風を気にしながら1ヶ月食費1万円生活実践中。

今は両親と一緒に住んでいるため、食事を作る機会も減ってきましたが、来年からは新しい会社での仕事も始まります。

昼はできるだけ弁当を自分で作って持っていく予定です。

プータローな今のうちに、いくつか時短でできる弁当のパターンを構築すべく、昨日から弁当作りを試行錯誤しはじめました。

老後生活を低資金で過ごしていくために、食費を上手にコントロールするのは必須のスキルだと思ってるので、いい機会なのでスキルアップにつなげたいです。

↑サーモスのHPに掲載されていた「オイルサーディンのさっぱり和風どんぶり」を真似て分量多めにして作ってみました。オイルサーディン好きなので、こういう簡単レシピがあると本当に助かります。

七味唐辛子の粉が取り出し口にふりかかっていたり、冷凍保存しておいたきざみネギがくっついているところとか、次に写真あげる時はもう少し見た目よく写せるようにしますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました